携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

(5)ローン付不動産の分与

  • 離婚による財産分与において、ローンの付いている不動産を分与することは可能なのでしょうか

  •  
  • 財産分与の方法
    協議離婚において財産分与をする場合には、当事者の合意によって分与の方法は自由に決めることができますが、離婚裁判の場合には、裁判所の裁量によって相当と認められる分与の方法が決せられます。以下、分与の方法として裁判所が相当と認めたものを検討します。
    不動産、動産等について金銭評価をして、不動産、動産等そのものを分与の対象とすることができます。
    そして、不動産にローンが付いているような場合には、債務は原則として分与の対象とはならないため、その金銭評価が問題となりますが、不動産のローンのように、夫婦生活の中で生じた債務は、清算の対象になると考えます。よって、かかるローン付きの不動産であっても不動産の評価額から債務を控除した額を元に清算することができるので、かかる不動産を第三者に売却して残りの額を清算する、または、不動産そのものを分与することが可能です。 
    また、夫に不動産を分与するものの、その不動産に一定期間の間、妻子を住まわせるために、妻にその不動産の賃借権等の利用権を設定することが認められることもあります。